その8「草木染めのラッカー仕立て!!」

0

    さてさて、娘のように大切に大切に育ててきたギターの旅立ちを受け入れて、ついにお別れを決心した花村おじさん!?(笑)
    最後の作業、着色にかかります。


    この着色が、花村ギターの1番の特徴かも・・・


    「うちのは草木染めとラッカーで着色してんだ。こんなことしてる店、他にはないぜ〜・・・」
    と、またまた最高の笑みを浮かべながら説明してくれる花村おじさん。


    さあ、このギターにどんな方法で着色していくかと言うと・・・



    まず
    タマネギの皮でそめ
    そこにコーヒーをかけて 
    梅酢をかけて 
    調整を染料でして 
    タマネギの皮でさらに3回そめる

    その上からラッカーで押さえる

    そうやって生み出された色が・・・
    これだぁ・・・1・2・3・・・⇒(笑)




    どうよ!このぬくもり!!この深み!!
    たまんないだろ〜〜〜!?



    まずは、こんな手の込んだ草木染め、そこらのギターにされてるわけがないでしょ?
    そしてこの最後の工程のラッカーで抑える作業。
    この部分が、ほとんどのギターではポリウレタンで固められてるんだって。
    てかてかに光った素材でコーティングされているあれが、ポリウレタン。
    完全に合成された化学物質のポリウレタンに対して、ラッカーは木の油みたいなものなんだよ。


    さて、
    花村おじさんがここまで着色にこだわるのは、ただ見てくれの問題だけじゃないんだ・・・。
    実は、音にものすごい大きな影響があるんだって。
    ・・・

    「ポリウレタンなんて表面はつるっつるのてかてかだろ!?
    それに比べて、ラッカーってのは、顕微鏡でみたら細か〜〜〜い穴がいっぱいあいてんの!・・・」

    わかるかい?と おじさんニヤニヤ(笑)


    そうなのだ!「その4」で説明したでこぼこで共鳴の原理がこんなところにまで。
    さらに
    ポリウレタンを塗ると全体がもうギュッッと固められてしまう
    ラッカーで優しく包み込まれるようにコーティングされているのは
    つまり
    「その6」で説明した、人生には遊びが必要の原理!!(笑)



    この着色によって
    ハナムラギターはさらに響きを増して
    あのすんばらしい音の伸びが生み出されるのだぜ!





    さあ


    さあ



    着色が終了すればいよいよ!!!!!

    か、完成だ〜〜〜〜〜!!次回へ続く〜〜〜!!



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    『ビリビリ10ねんボルト』

    2011/6/12(日)
    恵比寿アートカフェフレンズ
    open 12:00
    start 13:30
    ticket ¥3000(1ドリンク込み)

    最近の投稿

    カテゴリー

    最近のコメント

    • ライブ映像「夜の空のした行進曲」2004年頃!?@水戸ライトハウス
      めぐ☆
    • コラム「横田祐一(3markets[株]ドラム,ex.あおぼし)」より
      ゆき☆

    あおぼし公式サイト

    記事検索

    mobile

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM