その6「人生と同じ!力を抜くとこが必要だろ!?」の巻

0

     さてさて、今日見てほしいのはこの写真。



    板に貼ってある棒の両端が削り取られているのがわかりますか?

    この部分がまた、とっても大切なんだって・・・。

    「いいだろう?このでこぼこの削れ具合がまた…」
    と、花村おじさん。

    最近の楽器はいろんな工程が機械でつくられていて、それぞれのパーツがものすご〜く正確に、ピタッと組み合うように作られていく。花村おじさんが言うには、それがまたいかんらしい。
    全てがカッチリと仕上がってしまって遊びの部分が全くないと、楽器は響かないそうだ。



    ほら。この棒だって、こうやってギュッて強く握って叩くとだめなんだ。な?全然鳴らないだろ?
    (確かに、ガッガッと鈍い音が聴こえる。)

    だけど、ゆる〜く持ってやると、ほ〜ら、きれいに響くだろ〜〜〜!!な〜〜!
    (カン!カン!と綺麗な音。と同時に満面の笑みを浮かべる花村おじさん。笑)


    人生と一緒。緩急が大事なんだ。
    飯食って糞して会社行って、帰ってビール飲んで寝るだけの毎日なんて、そんな人生つまんないだろ?
    たまには外にでもくりだして女のケツ追っかけるような時間もいるんだから。緩急が大事。
    な。お前さんもだよ!?」



    とまあ、
    そういうことらしいぞ!!(笑)




    うんうん。

    ぬくとこぬいて
    遊ぶとこ遊んで

    人生響かせるぞ〜〜〜〜!!


    ・・・

     
    だいたいこういう話をする人のすんごいとこは
    抜くとこと入れるとこのバランス感覚なんだよね

    ギターに耳を傾けて
    その極意を盗みたいぜ


    次回は・・・
    花村おじさんが、どうやって今みたいなギターを作るようになったのか
    きかせてもらったよ〜
    お楽しみに!!

    ~追記~
    と思ったのだけれど…
    ギター制作が進んでいるのでまずはそちらを報告します!
    おじさんの話は後ほど!!


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    『ビリビリ10ねんボルト』

    2011/6/12(日)
    恵比寿アートカフェフレンズ
    open 12:00
    start 13:30
    ticket ¥3000(1ドリンク込み)

    最近の投稿

    カテゴリー

    最近のコメント

    • ライブ映像「夜の空のした行進曲」2004年頃!?@水戸ライトハウス
      めぐ☆
    • コラム「横田祐一(3markets[株]ドラム,ex.あおぼし)」より
      ゆき☆

    あおぼし公式サイト

    記事検索

    mobile

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM