その1「花村おじさんとの出会い」の巻き

0

     今回、マルチネスがギター制作を依頼することになったハナムラ楽器。


     この店の楽器は、店主の花村さんが木材を探す所からはじめ、一つ一つの楽器、使い手と正面から向かい合って、丹精込めて 語り合うように生み出されていくのです。その音は、どこまでも深くて 優しくて、手触りの温もりがあって、繊細で、それでいて 図太い存在感・・・まさに花村おじさんの人柄がそのままが出たような「音」。

     その「音」とおじさんの「人柄」に心底ほれ込んで、居ても立っても居られなくなったあおぼし2人が ついについに ハナムラギターを手に入れたのです。って、まぁ まるちねすのギターなんだけどね・・・^^;

     

    店主:花村おじさん


     このコラムでは、そんなギター制作にちりばめられた花村おじさんの「こだわり」と、おじさんがしてくれた ためになる「おもしろ小話」をひろきが紹介していくよ。


    ・・・


     出会いのきっかけは、ワタナベマモルさん(MAMORU & THE DAViESex.グレイトリッチーズ)の紹介でした。水戸でのライブ終演後、東京に出て右も左もわからないひろきが 信頼できる楽器屋さんはないかと相談すると、もう20年も通っているというハナムラ楽器を紹介してくれたのです。「なべさんの紹介って言うとよくしてくれるよ〜!」って。



    そんなわけでハナムラ楽器を訪れたひろきに、“人生の一大事”が待っていたのです。



    まずは、行ってびっくり店構えはこんなです。


    さらにこんな張り紙


     



    ん!ん〜?・・・!?

    おもしろい人 発見センサーがビリビリ!?


    これはもうへんてこなおじさんが出てくるに違いないと、ドキドキワクワク店に入りました。




    まあ、店内はこんな感じで(笑)・・・

    事情を話すなり

    「おー!そうかそうか〜 ナベとやってんのか〜 あいつはいい歌うたうだろう。なにせ人柄がいいからな〜。音楽は人だからな!カッカッカ


    にっこにこの笑顔で大笑い!

    期待通りの強烈な個性の持ち主で、一気にひき込まれてしまった。



    そうして


    さらに


    実際に楽器を弾いてみてほんと〜〜〜に びっくり、

    まったくもって予想だにしなかった 衝撃の音が・・・!!



    いままで生きてきて一度も聴いたことのないような

    すんばらしい音が

    楽器たちから響いてきたのです。


    というわけで

    つづきは次回、『衝撃の音!の巻き』にて。


    ほんとにすんごいぞ〜〜〜〜〜!!








    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    『ビリビリ10ねんボルト』

    2011/6/12(日)
    恵比寿アートカフェフレンズ
    open 12:00
    start 13:30
    ticket ¥3000(1ドリンク込み)

    最近の投稿

    カテゴリー

    最近のコメント

    • ライブ映像「夜の空のした行進曲」2004年頃!?@水戸ライトハウス
      めぐ☆
    • コラム「横田祐一(3markets[株]ドラム,ex.あおぼし)」より
      ゆき☆

    あおぼし公式サイト

    記事検索

    mobile

    qrcode

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM